薄毛を予防する男性ホルモン抑制法
鏡を見ている男性

男性の中には若い頃から抜け毛に悩む人が少なくありません。
昔から若ハゲと呼ばれる人が存在しており、本人の努力ではどうしようもない体質として理解されています。
近年では男性型脱毛症と呼ばれる症状として広く知られており、その症状の理解も進んできています。
近年ではその仕組みの解明により治療薬が誕生しており、男性型脱毛症の兆候が出た段階である種の男性ホルモン抑制作用のある薬により治療が可能になってきています。
この治療をAGA治療と呼びます。

このAGA治療は広く宣伝されており、男性をターゲットとした医療を提供している内科、皮膚科、美容外科などで提供される医療サービスの一種として広く行われています。
AGA治療で使用される薬はプロペシアと呼ばれる薬であることが一般的です。
その有効成分はフィナステリドであり、抜け毛を促進する働きをするある種の男性ホルモン抑制を目的に投与されます。
このフィナステリドの登場により男性型脱毛症に対する治療に選択肢が生まれました。
激しい抜け毛の兆候を感じた時点で治療を開始することで効果を期待することが出来ます。

一般に男性型脱毛症を含む脱毛症や抜け毛の悩みは深刻なものではありますが、命に関わるものではありません。
そのため強い兆候が見えたとしてもそれによってすぐに動く人ばかりではりません。
しかし男性型脱毛症は遺伝的な体質でもあり、フィナステリドによる男性ホルモン抑制を行わなければ遠からず頭髪を失うことになるでしょう。
フィナステリドには抜け毛の予防効果はあってもい発毛効果はありませんので、髪の毛の葉得る力が強く残っている内に治療を行うことがとても大切なのです。
そのことを理解しておくことはとても重要です。

サイト内検索
人気記事一覧
1
2
フィナステリドが与える髪への効果

2019年07月07日

(497 Views)

3
4
5

薄毛を予防する男性ホルモン抑制法

2019年10月14日

(167 Views)