公開履歴

薄毛になるほとんどの人はAGAというタイプの薄毛であると考えられています。
AGAは20代頃から、少しずつ薄毛が進行していくという特徴があります。
ですから、何らかの対応をしなければ、薄毛の進行は進んで行ってしまうということになります。
しかし、AGAの薄毛の進行を止める手段として、フィナステリドという成分を服用するという選択肢があります。
フィナステリドを成分としたお薬で有名なのがプロペシアです。
フィナステリドは、もともとは前立腺肥大症に用いられてきた成分ですが、薄毛の改善にも効果があるということが発見されました。
育毛増毛にはプロペシアを通販しておくことで、薄毛の進行を遅らせることができるので、通販サイトで安く購入することをおすすめします。
フィナステリドを服用していけば、劇的に薄毛が改善するかどうかは個人差がありますが、少なくとも薄毛の進行を止めることができるということが言えます。
しかし、問題になってくるのは、フィナステリドはいつまで服用していけばよいのかということについてです。
フィナステリドの服用を止めてしまえば、薄毛は再び進行していってしまいます。
ですから、せっかくフィナステリドを服用することによって、薄毛が改善したのに、再び進行していってしまうのであれば、なかなか辞め時が難しいということが言えます。
半永久的に服用していくという方法もありますが、そうなるとコストがかなりかかるということになります。
いつやめるのかということについては、個人個人で判断していくしかないというのが現在の状況であると考えられます。
また長期間服用を続けることで副作用の心配などもあると思います。
フィナステリドを含む医薬品であるプロペシアなどの長期の服用では、頭痛や腹痛の症状が現れる方もいるそうですので、プロペシアを使う前に副作用も確認しておきましょう。
ある程度年齢を重ねて、もう薄毛が進行してもよいと判断すれば、薬の服用を中止するという判断も一つの方法ですし、最初から服用しないというのも一つの方法です。
もしくは、とりあえず薬を服用し続け、新たな薄毛の改善方法ができるまで維持するという判断も考えられます。